家を高く売る方法ガイド

家を高く売る方法ガイド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一戸建てやマンション等を売る場合、さまざまな経費がかかってくることを理解しておきましょう。仲介業者などを使って売買したとすると、仲介手数料が発生します。売値の3パーセントに6万円と消費税を加えた金額を売主から業者に支払わなくてはいけません。また司法書士に支払う所有権移転登記等の費用、契約書や領収証に貼る印紙代、その他書類作成費など状況次第で費用がかさみます。つまり、それらの出費を踏まえて売値を決めなければいけません。チャレンジは良いことですが、自分で売買するのが「家」の場合、危険な考えだと思います。

 

 

取引では権利や責任を明確にする必要がありますし、法律、税務、登記などの特別な知識を独学で身に付けるのは困難ですし、付け焼刃で大きな資産を動かして訴訟にでもなったら大変です。売主が負担する手数料はそれなりの額になりますが、売却が円滑かつ安全にできるようその道のプロに任せる方がいいでしょう。仮に充分なリテラシーがあり、面倒な手続きも厭わないなら、業者等に依存せず自力で売るという選択肢もあります。土地の急激な値上がりさえなければ、新築物件の場合は2、3年程度の築浅を境に10年程度は値段が毎年落ちていき、上がることはまずないです。

 

 

面白いことに築10年を過ぎると、値段がそんなに変わらないのです。

 

税制面でいうと、居宅売却や買い換えの際の税率優遇措置が受けられる要件は、過去10年を超えて保有していた場合とありますから、居宅の処分、買い替えを検討しているなら最適な時期は築10年を経過した頃ということになります。値上がりは地価が上昇しない限りは見込めません。
基本的なことですが、その住宅の所有名義人の了解がないと、たとえ買手がついたとしても家の売買はできません。所有者が一人でなく複数いるのであれば、物件の共有者全員が許可することにより、売却可能になります。

 

ただ、物件の所有者が故人名義で登記されている場合、肝心の同意が得られないのですから、現状売却不可ということになります。
相続による登記変更の手続きを行い、今度はその人を含めた全員の賛同を得て売却となります。マンションや戸建を売る際に必要な経費といえば、不動産会社に対する仲介手数料、物件の抵当権を抹消するのにかかる費用、契約書や領収書に貼付する印紙税などがかかります。
けして安くないのが不動産売買というものですし、業者へ払う仲介手数料もまとまった金額になります。

 

それなら自分で売れば、手数料分がまるまる浮くわけですが、責任問題が生じる危険もありますし、手間暇もかかりますから、その道のプロに依頼するほうが安心でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエウール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション・家・土地などの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイト

 

 

 

 

 

簡単60 秒で不動産の無料一括査定が可能

 

 

 

 

 

全国1400 社以上の厳選された不動産会社の中から

 

 

 

 

 

最大6 社と比較できる査定サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

イエウール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://ieul.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

査定の手順

 

 

@査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力 (約1分)

 

 

A一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届き比較ができる

 

 

B査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエイ

 

 

 

 

 

 

 

日本最大級の不動産売却専門マッチングサイト

 

 

 

 

国内主要大手はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など

 

 

 

 

厳選1000社から選んで査定価格の比較ができる

 

 

 

 

 

専門知識を持った専任スタッフが常駐・スムーズに不動産の売却ができるよう

 

 

 

 

 

中立的な立場から万全のサポート

 

 

 

 

 

 

 

イエイ 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://sell.yeay.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・マイスミEX

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の不動産会社からそのエリアの売却査定に強い会社に最大6社まとめて査定依頼

 

 

 

 

不動産会社によって得意としている物件や、相場の見込みが違うため

 

 

 

 

査定額を比較すると、1,000万円以上も見積もり結果に差が出る場合もあり

 

 

 

 

不動産を高く売るための一括査定比較・査定依頼は簡単1分登録

 

 

 

 

 

 

 

 

マイスミEX 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://www.mysumi.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産を少しでも高い価格で売りたいという人は、とにかく様々な不動産業者に査定を頼んでください。

 

驚くほど業者間で査定額に開きが出ることも頻繁に見られます。加えて、原則として専任媒介で契約しましょう。

 

 

 

宣伝に費やす予算が一般媒介では専任媒介より少ないため、すぐには買い手がつきません。さらに、専任媒介の場合では義務として依頼主に定期的な現状報告をすることになっています。
なんといっても、内覧が不動産物件の売却の際には、買うかどうかを決める判断材料になっていることは否めません。売り手側が注意したいことは内覧の前に、買手だったらどこをみるだろうかと想定して室内外のチェックを徹底することです。よほどの変わり者でない限り、買い手というのは、きちんとケアされていて状態の良い物件だといえます。ほしいと思ってもらえる物件にするためにも、掃除は当然として、余分なものを捨ててスペースを空けるといった思いつくことはやりつくすくらいでちょうどいいでしょう。

 

不動産物件の売却先を探している間は少しでも早く売却先が見つかればいいなと思うでしょうが、仮に、時期尚早に値下げをするミスを犯すと損失はかなりのものです。

 

 

たちどころに値下げされた売却物件の場合、底値はまだだなといった期待で買主が買い控えしてしまいます。

 

 

物件に関して問い合わせてくる人の数などを考慮の上、売り出して半年が経過した頃になっても動きがないなら値下げを考慮に入れるといいかもしれません。高額のやり取りが発生する不動産売却では、必然的にある程度の経費もかかってきます。不動産業者への仲介手数料にしたって物件が高く売れれば売れるほど高額になりますし、売主が利益を得たケースでは譲渡所得税の支払いが必要なこともあります。
取引に使う書類の作成や印紙代といった出費もあるでしょう。

 

それから、住居である物件の売却であれば、引っ越しの出費も念頭に入れておく必要があります。少しでも早く不動産の売却を完了したいと思っていたら、確かな手段の一つが直接不動産会社に手放したい物件を買取してもらうことなのです。
大幅に時間と面倒を省けることもあり、スピードでいったらこれよりも短時間で済む方法はないかもしれません。

 

とはいえ、不都合な点もあり、買取価格が一般の買い手を探す場合よりも安くなってしまうというマイナスの面もあるため、多少損をしてもいいから、早くお金が手元にほしいと思っている人に適した手段です。

 

もし不動産の売却を考慮しているなら、築年数のことがどうしても気になるでしょう。
事実、築年数次第で売却価格は変動します。
仮に築10年の戸建てを査定に出せば、 多くの場合で建物の査定価格はゼロになり、土地の価格だけがつくのが普通です。同じように、マンションでも築年数が浅い方が受けがいいことに変わりはありませんので、戸建てと同じく、築10年がボーダーラインになっています。

 

売却しようかと思っている不動産物件が複数人の共同名義の場合、委任状が売却に不可欠です。

 

 

こうした際には、主立って取り引きに携わる人に、残りの各名義人が取り引きを代表者が行うことを承諾する(委任する)といった旨の委任状を渡さなくてはいけません。この委任状はいつまで有効かという期限が特にないので、取り引きが終わるまで一度集めたもので問題ありません。
自宅となっている物件を売却して同時に新居も購入し住み替えたいというのもありふれた事例です。
この際は、売却してから購入という順番が順当なリスク管理の方法でしょう。

 

売約が契約上は成立していると言ったところで、自分の手元に代金が届くまではまだ息を抜いてはいけません。

 

支払いが必要な時にお金が手元にないということを防止するためにも、勝手に売却を見据えて購入に走ることは控えた方がいいでしょう。それほど悪い点もないのに所有している不動産物件が売れずに悩んでいるのであれば、これからお話することを確かめてみましょう。始めにその物件の清掃やメンテナンスが行われていることを再確認することが大切です。

 

さらに、仲介を頼んでいる業者がきちんと広告活動を行っているかも確認しておきたい点です。最後になりますが、現在の価格設定が周辺の相場と合致しているかも相談することも大切です。

 

 

しばらく音沙汰無しの状態が続くのであれば、売価を付け直したり、割安にはなってしまいますが、買い取ってもらうことも考えた方がいいかもしれません。

 

通常なら、ローンの残債があったら、完済しなくては、ローン中の不動産物件を売却するというのは無理があるでしょう。完済が厳しい上に、状況的に売却する必要がある場合は、任意売却がオススメです。複数の会社が任意売却を業務の中心として営業していますから、信頼できそうなところで詳細をきいて、できればお願いして、債権者との話し合いもおまかせするのがこれ以上は悩まなくて良い方法になります。
内覧客が物件に良い印象を持つには明るく清潔に、そして、少しでも広く見せるようにしてください。

 

 

 

時間に関係なく、明かりを全て灯すようにして、散らかっていると狭く見えてしまうので、できるかぎり片付けて、細部まで入念に掃除することを心がけます。

 

 

 

一例としては、キッチンやお風呂、洗面台の水滴を残さないことでしょう。

 

こういったことに注意すれば、グッと印象が違います。

 

相手への印象を第一に考えて、売りたい物件のお手入れをやり続けていきましょう。

 

不動産物件を売買する際においての一般媒介契約とは、いくつもの仲介業者に仲介を頼むことです。一社の場合よりも、広く宣伝してもらえたり、結局のところ、売買契約を仲介可能なのは一社ですから、他の不動産業者がまだみつけないうちに買い手をみつけて、仲介手数料を支払ってもらうのに躍起になって、予想よりも早く不動産売却が完了できることもあるでしょう。

 

ですが、複数の不動産会社と何度も連絡を取り合わないといけませんので、それらが手間でうんざりする人もいるといいます。どうにか不動産を売却する手はずが整い、契約が成立したのにも関らず、気が変わって売りたくなくなったとか、取引相手を別に探したいなど心境や事情が変わったことで売却を取り消したいときは、契約破棄もOKです。
ただし、違約金の支払いが契約で定められていたり、貰い受けた手付金を返すにしても倍返しですから、契約を進めるときは細心の注意を払ってください。
融資利用の特約等が設けられた不動産売却契約では、条件が成立しなかった際に白紙解除をすることができます。
白紙解除とは、契約の解除が契約に基づく約定解除権によって行われることになります。

 

 

 

白紙解除の場合、買主から受領した手付金を買主に対し全額返還することが必要です。

 

 

一般的には買主から貰った金額をそっくり返せばいいのですが、万が一、無利息での返還と契約書に明記されていないなら支払いに利息も付けなければならない場合がありますので、細心の注意を払いましょう。
さて、新居を購入と同時に住宅ローンを組むならば、家屋が建築されてから融資スタートというのが大半のケースです。つまり、例えば工事の着工金などのように、注文住宅購入後から建築中に生じた経費はその他に調達しなければならないのです。従来住んでいた家を売却し、ある程度の元手があるなら都合をつけられるでしょうが、買い手が見つかる前にお金が必要になるかもしれません。そうした際、つなぎ融資を利用すれば短期間だけの借り入れが可能です。
モデルハウスではなくオープンハウスとなっていれば、販売中の物件の中まで自由に見て回ることができます。その物件が中古で住人が立ち退く前の場合はそのまま家具などが配置されているでしょうが、仮に自分が住んだ時のこともそれを見るとイメージも膨らみやすいでしょう。
加えて、物件の周囲もあちこち見て回ると、場所柄どんなお店を利用できるかという風な暮らしの様子についても事前にわかります。不動産売却時も税金が課されますが、気をつけるべきだとしたら譲渡所得税と住民税でしょう。物件売却で利益が出れば、これらは必ず賦課される税金です。しかしながら、売却した物件の使途が居住だったのであれば、特別控除額が3000万円あります。

 

加えて、課税方法についてもこれらの税金は所有期間次第で違いがありますので、この点を調べてから売却に向かった方がいいでしょう。

 

 

 

不動産売却に関しては疑問が出てくることも多いでしょうから、詳しい人に相談しながら進めるのが合理的ではないでしょうか。

 

例えば、仲介だけではなく売主へのコンサルティングも引き受けている不動産会社もあります。
所有者が見落としていた物件の価値を専門家の見地から見つけ出してくれたり、可能な限り高く売るのに必要なことを助言してくれるはずです。料金不要でコンサルティングが受けられる場合もありますから、ぜひ視野に入れてみてください。
意外かもしれませんが、マイナンバーの提示を求められることがマンションなどの不動産物件を売った時にはあるのです。いつもというわけではなく、物件を売る人が個人で、買主が不動産会社などの法人の場合のみです。

 

その場合でも、例外もあり、不動産物件の価格が100万円以下であれば、提示はしなくても良いです。マイナンバーの提示が必要な時には、買主が不動産物件を買った時に税務署に出す書類への記入が必要なので、提示が必要となります。
不動産売却でウェブの一括査定サービスを使わないのはもったいないです。どうしてかと言うと、ハナから一社の査定結果しか参考にできないと、あまり相場も理解できないままで安価で物件を売却してしまう恐れがあるからです。
ですから、一括査定サービスを活用して複数の業者の査定額を突き合わせて、この業者のサービス内容なら満足できるというところに掛け合ってみるのが効率がいいですよ。

 

不動産物件の売却を行った場合、必ず確定申告が必要です。もし、不動産物件を売ったことで、売却益を得られたとしたら、忘れずに確定申告を行って、「譲渡所得税」を納めることになります。また、損失が出た時も確定申告を行いましょう。しっかり確定申告をしておけば、節税になる事例も多いのです。
脱税のリスクを回避し、節税のメリットを得るためにも不動産を売却したのなら、きちんと確定申告を行うと後悔しないでしょう。買取や個人売買以外では、不動産の売却をする場合には、仲介業者と媒介契約をすることになります。媒介契約の種類は3つあるのですが、もし、専属専任媒介契約を選ぶと、制限の多さに後悔したくなるかもしれません。専属専任媒介契約を結んだ場合には、他の不動産業者の仲介は一切受けられません。

 

業者と専属専任媒介契約を取り交わした後になって、条件のいい買主を周囲の人の中から探しだしても、当人同士が話し合って契約なんてことはできず、必ず契約済の業者に仲介してもらわなくてはいけません。これと言ったもめ事さえなければ、家や土地を売却するにあたって生じる懸念材料は、徴収される税金についてのことくらいだと言われています。
気を付けなくてはならないのは、住み替えに伴う際の売却で、不都合な問題が生じる可能性があります。所有している不動産が売れるという前提で、新しい家の購入資金が欲しい状況なのに、いくら待っても購入を申し出る人が出てこずに得られるはずだった売却代金が調達できなくなる恐れが出てくることです。

 

普通では気付けないような欠陥を買い手側が購入後に発見した場合は、瑕疵担保責任を負う売り手側に修繕を求めることができます。この適用期間は、売り手側が不動産会社の場合、少なくとも2年間以上は確保することになっています。けれども、売り手と買い手が個人の場合の取り引きではこの期間が特別定められていません。

 

一切その期間が用意されないことも特別なことではありません。
代表的には、競馬や競艇での的中時の払戻金だとか、生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金などがある、日頃生じる収入とは別の臨時的に得たお金は所得の種別で言うと一時所得になります。不動産売却による収入も一時所得となりそうですが、別途譲渡所得と呼ぶ区分に分類されます。
所得税額の算出でも一時所得とは別の計算になります。

 

イレギュラーなケースも見られますので、忘れずに確定申告を行いましょう。
任意売却は売ったとしても返さなくてはいけない住宅ローンが残る物件を売る場合を指す名称で、省略して任売という呼び方もあります。
どうしても困ったら、任売をすれば、残りの住宅ローンが減って、楽なペースで返済することが可能になることでしょう。ですが、相手との交渉には専門知識と交渉力がいるため、成功させたいなら、弁護士、もしくは、司法書士に依頼しましょう。

 

 

 

突然、「今すぐ家を売却したい」と思っても、即日買い手が見つかるものではないのが不動産物件です。それならば、不動産物件を売却する時の期間の平均は、何日程度だと思いますか。

 

例えば、マンションだと平均で約3ヵ月、戸建ての時は6ヵ月くらいが平均だと言われます。しかし、あくまでも平均でということなので、もっとずっと長くかかる場合もあります。

 

 

 

家を売るスケジュールを立てるならば、売却期間についても考慮しなければいけません。不動産売却を行い利益が生じた時は、譲渡所得税の課税対象となることがあります。売主の所有していた期間が5年を超える不動産だった場合、譲渡所得税は所得税15%、住民税5%という税率を掛けて計算されます。

 

 

 

5年以下という短期の所有期間ならばさらに倍の税率になります。

 

支払いはいつ行うかというと、所得税は一括で、売却した翌年2月16日から3月15日までの間、住民税は四半期ごとの支払いに分かれているのです。

 

 

最も多い不動産売却時の失敗要因は、不適切な仲介業者を選んだことです。仲介業者はどこも同じではなく、顧客のことを全く考えない業者も多数存在するのです。周辺の物件の相場を考えない査定額をつけたり、全く宣伝をせずに物件を売れないままにしたり、予算を考えずに宣伝しまくって、ありえない広告費を請求したりと被害の実例は想像もつかないほど多様化しているのです。
良い仲介業者を選ぶためには、最初からいくつかの仲介業者と連絡をとってじっくりと選別するのがポイントです。不動産を売却するとき、良い不動産屋を選ぶにはどんなポイントがあるのでしょうか。

 

最重要なことと言えば、その不動産屋が得意な分野に売りたい物件が当てはまるかどうかです。
不動産屋にはマンションに強い場合や一戸建てに強い場合などいろいろありますので、自分が所有している物件に適合する不動産屋を選ぶことが大事です。
加えて、その不動産屋が全日本不動産協会といった団体に加わっているか否かも、信用できる業者なのかどうかの基準として見ることができます。

 

不動産の権利書提出は、売却する際に必ず求められます。

 

 

 

土地登記が完了していることを表すのが権利書で、登記済証が正式名称です。

 

もし、それを無くしてしまったり文字が読みづらくなってしまっても再発行は不可能です。
しかし、土地家屋調査士の方や弁護士の方、司法書士を代理人として用意できれば、本人確認情報提供によって対応することができます。大抵のケースでは、不動産物件の売却をする時の入金は、手付金、中間金、最終金の三段階に分けて入金されることが多いでしょう。手付金を支払ったら、その後、一ヶ月ほど間を開けて中間金、それから、三ヶ月くらい過ぎたら最終金が支払われるはずです。ただ、総額のうちの大部分は手付金から四ヶ月程後の最終金で支払われることになるのです。

 

 

手付金だけは現金で渡されることもあるかもしれませんが、記録が残ることもあり、全ての支払を売主指定の口座に入金する事例が多いです。
リフォームをしてから不動産を売却するべきだとは限りません。

 

と言うより、リフォームに何百万円も費やしたとしたって、かけたお金の分いい値段で売れるなんて断言はできないのです。あえてリフォームするのであれば、目に見えて内覧者が持つ印象に関わりそうな部分を集中的に選ぶのが元が取れるかもしれません。また、開放的で明るい室内を演出するため適宜掃除なども行うとそれほどリフォームに頼らなくても済みます。

 

資産を換金できる点が、不動産を売却する上での最大のメリットです。
それと、売る物件の災害保険料、住宅ローンの保証料金などは、まだ残りの期間があれば、その分だけ返却されます。とはいえ、このお金は売却が完了した時になんの手続きもなしには返してもらえず、手ずから手続きを行ってください。
売ることが決まった際は、忘れないうちに契約会社に連絡を入れましょう。基本的に不動産の売却を計画した場合は最初に不動産業者の価格査定を手配することになるでしょうが、汚れがないキレイな状態にしてから査定してもらうといいでしょう。

 

 

 

査定を受けるのがマンションなら尚更、キレイにしておくことでよいイメージを持たれやすくなります。
さらに、購入希望者が下見をしたがったときにも掃除をしておくことと、広々とした部屋と思ってもらえるように極力不必要に物を置かないでおきましょう。
所有者が一人ではなく数人の人が名義人となっている不動産物件は、販売するにあたっては、名義人である共有者全員が承認していることが条件として求められています。

 

 

売却には売主の実印及び署名が必須とされているますが、所有者が複数いる場合にはその全員分につき必要となり、複数いる名義者のうちの一人が勝手に売却してもその行為には効力がないものとされます。当該不動産を全部というのでなく持ち分だけというのなら売り渡すことも可能とされていますが、普通は共有者全員の承諾のもとに売り渡す手はずになっています。不動産物件を売却した時の価格が3000万円以下にしかならなかった場合には、所得税、住民税の課税対象から外してもらえるという特例が存在します。売却価格うちの3000万円が特別控除の適用になるため、課税対象にならないのです。また、もし、買い換えで損失が発生した際には、総所得を合わせて計算し、損益通算が適用できるので、利用しない手はないでしょう。
ですが、それには条件に適合していなければならず、売った一軒家やマンションを5年超えで所有しており、さらに、新規で契約した住宅ローンが10年以上という二点が条件となります。買い手の気持ちを想像すればわかると思いますが、当初設定した売値で不動産物件が売却できるケースはとても珍しくて、買主がいちゃもんといいたくなるような口実で価格を下げるようにいうことが大半です。価格交渉をしてきた場合には、物件の購入目的によって対処を変えるといいかもしれません。住居用に買う場合なら、真剣に考えてから、買うといってきたはずなので、それほど価格を下げなくても、物件が売れると思いますが、あまりにも強気だと諦められてしまうかもしれません。

 

 

これまで持っていた不動産物件の売却をしようとする際、買手が境界確認書を求めてくることもあるでしょう。そんな時には、専門職である土地家屋調査士による土地境界確定測量を土地の権利者の立ち会いで実施し、土地の面積が確定したら、必要な書類が作れるでしょう。どうしてこれが必要なのかというと、土地同士の境界線が曖昧な時に、面積を正確に測った上で売価を確定させること、それに、将来、接している土地の権利者と境界線のことで問題になるのを避ける目的もあります。

 

 

 

不動産物件の売却を行う際には、仲介業者との媒介契約が欠かせませんが、その一つは「専任媒介契約」という名称の契約方法です。
この種類の契約方法は、売りたい物件に関しては、専任媒介契約をしたところだけが仲介することが可能で、他社は仲介できません。

 

 

 

でも、契約違反にならないケースもあって、知り合いなどから買い手を売り手がみつけたとして、当事者達が直接話し合って売買が決まったとしても、特に違約金などは発生しません。この部分が専属専任媒介契約を選んだ時との違いです。言葉の通り、不動産物件は売るのが大変で、売却段階にかかる費用も様々あります。

 

メインにあるものは、仲介業者への仲介手数料の支払い、司法書士に不動産登記関連の各種書類を作成してもらうのでその報酬、さらに、譲渡税、売却する物件に住宅ローンが残っている場合は繰上げ返済費用などもかかるでしょう。
仲介業者の選択で、可能な限り控えめの仲介手数料にすることがその分経費を切り詰められます。もし不動産を売買して契約書を作成したなら、それは課税文書なので印紙代が必要になります。

 

 

 

印紙税額は契約書に記載された金額によって決定するため、高額な売買であれば数十万円も覚悟しなければなりません。そして、売主と買主の双方で契約書が作成された場合には、一通ごとに印紙を貼り付けなければなりません。
しかし、このケースでは先ほどのケースとは異なる基準で税額が決定するので、十分に確認する必要があります。

 

一般的には、不動産売却のとき部屋の退去の時期については売る側の好きに設定することができます。ですが、住居人がいない状態で売り出した方がより高額に売却することができます。購入希望者がいても、内覧時に住居人がいると避けられてしまう可能性が高くなるので、できることなら引っ越しをあまり引き延ばさない方が大きな利点となります。

 

 

 

急がば回れという言葉がありますが、高額な取引となる不動産売却では一層、念には念を入れて検討していくことが重要です。

 

最も注意しなければいけないこととしては、中には非協力的な不動産会社も見られるという点があります。
仲介契約を結んでいても販売活動に消極的だったり、二束三文で買おうとするようなところもありますから、業者選びでは警戒しておいた方がいいでしょう。
わずかでも怪しげなところを感じたなら、契約を見合わせるべきです。無事に買手がみつけり、不動産物件を売る際には、名義変更を行うことになり、売り主の方は、登記済権利証はもちろん、印鑑証明書(取得後、3か月を過ぎていないもの)が必要となります。
原則として名義変更は決済と同日に取り扱い機関である法務局で手続きすることになるのです。この場合には、印鑑証明書の発行費以外に、登録免許税がかかりますし、登記事項証明書代もかかるのです。固定資産税の1000分の4と定められているのが登録免許税なので、覚悟しておきましょう。
不動産を売ろうと考えている人はその際、印鑑証明と実印を用意しておきましょう。なぜかと言うと、所有権移転登記という手続きを法務局で行う時に必要なので、不動産を購入する側の人は両方とも用意しなくて問題ありません。

 

 

でも、ローンで支払うなら違います。

 

この場合に限りローン会社では忘れずに印鑑証明と実印を持ってきてくださいと言われるはずです。もし、連帯保証人を必要とするなら必要なものとしてその方の印鑑証明と実印もあげられるでしょう。

 

不動産物件の売却価格は慎重に決める必要があります。

 

適正価格を知るためにも、まず、一括査定サイトを使って、いくつかの業者に物件の査定をしてもらうことが欠かせません。

 

査定額を比較することで相場がわかってきますから、適切な価格をつけるようにしてください。

 

不動産業者によっては、仲介業務だけでなく、なんとコンサルティングまでしてくれる場合もあるため、無料相談を利用して、最高額がどのくらいつきそうなのかを聞いてみるのも何かの参考になるでしょう。

 

不動産売却を考えた時は、近隣物件の相場のチェックが必須条件でしょう。

 

 

例えば実際の不動産価値から程遠い査定をされたとしても相場を知らなければ何の疑念も持たず、利益をみすみす逃してしまうという残念な結果につながるからです。

 

さらに、参考となる物件の相場の知識は交渉する上でも役立ちます。可能な限り積極的に情報集めに励みましょう。
通常通り不動産売却をするとなったら、始めに不動産会社にコンタクトを取ります。そして、物件の価値が念入りに見積もられて査定額が提示され、ある不動産会社と媒介契約の締結に至ります。
不動産会社の宣伝活動が始まり、やがて買い手が確保できたら、折り合いのつくところまで価格交渉をしてから売買契約をして、買主からの支払いが確認できたら抵当権を抹消する手続きに入り、立ち退きを済ませて物件を買主に引き渡します。

 

一般的な場合においては、不動産を売却する際には不動産会社を通しますが、人に頼まずに売却するのはできるものなのでしょうか。しようと思えばできることなのかもしれませんが、売買に関わる事務手続きや必要書類の作成だけでなく、買主探しや交渉などを全て個人が実行するのはかなり骨の折れることです。

 

 

 

それに、不動産を売却する際には高い専門性が必要なため、問題が起きてしまうこともあります。
仲介手数料によって時間と労力を節約し、問題を回避するためだと割り切って、不動産会社に相談するのがベストなのかもしれません。